復縁を望む人で、同棲をしていた人も多いだろう。

その人の場合では、荷物や鍵を受け渡す儀式が残っている

ケースが多い。

 

別れ際は、感情が高ぶっているので、そこまで頭がわまらなかったり、

別れを、引き伸ばしたり、しているので、特に、鍵を返すことが

後回しになってしまう。

 

この鍵が実は復縁では、カギなのである。

鍵を返すフリをして、会うこともできるし、

相手の感情を探ることもできるのである。

 

たとえば、鍵を返したいので、会いたいんだけど・・・。

そういった、内容のメールをしたとする。

その返事は、多分こうだ。

 

①分かったいつにする

②送ってくれればいいよ

 

②の場合は、まだ、あなたに会う段階ではない。

つまり、別れの傷が癒えていないのだ。

フル方も、傷つくことを覚えておいて欲しい。

その傷が癒えなくては、復縁は成功しない。

だから、この段階では、復縁をアピールしてはいけない。

それとなくスルーしたほうがいいだろう。

 

①の場合は、取り合えず合う意思はあることは分かった。

②とは違い、傷は癒えているのだろう。

ただし、復縁したいかどうかは別問題である。

 

いきなり、会ったからといって、復縁を申し出ることはやめよう。

いつも通り、昔と同じ対応で接するのがベスト。

その後も連絡を取り合うような関係、一緒にいるとやっぱり楽しい。

そう思わせるだけで十分だ。

 

そのあたりのことを理解しないと、大失敗することに

なるので、知っておいてもらいたい。

復縁の知識をまとめたので、参考にして欲しい。

7step復縁マニュアルの冷却期間とメールサポート体験記

 

復縁相手から突然メールがきたらどう対処していいか困りますよね。

半年もの間、連絡してはいけないと自分に言い聞かせてきたのに、

ふと復縁相手からメールが来てしまった。



こんな時は相手の記憶から嫌なイメージが消えた合図です。

素直にメールの返信を出しても大丈夫ですよ。


しかし、ここで注意しなければいけないことがあります。

それは、何ども言っていることですが温度差には注意してください。

相手はどんな考えでメールを送ってきたかはわからないのです。


少なとも悪いイメージはなくなっていますが、それだけなのです。

相手が復縁を求めているのか?ただ単純に何も考えなしでメールしたのか

はたまた、お酒に酔ったついでにメールしただけかもしれません。


ポイントは、とにかく温度差です。

相手のメールの長さや内容をよく確かめ、相手の温度差に

あわせてメールを送るのです。


相手が1行のメールだったなら、あなたは1~2行くらい、

絵文字も入って無いメールだったら、ちょっと絵文字を入れるくらい、

相手の半歩くらい先のメールくらいがちょうど良いでしょう。


間違っても、嬉しさのあまり

色々書きたいことをズラズラ書いてはいけません。

そこは復縁への大事な一歩だと思って、グットこらえましょう。


メールのコツは、明るく、短く、爽やかに。

返信のペースも相手にあわせて送るのです。

相手が1日置いての返信だったなら、あなたも

1日くらい置いての返信をするのです。


相手の歩幅にあわせて、復縁への道を歩いていくイメージを

忘れないでくださいね。

相手の立場を考え、自分の感情のみを押し付けずに、

相手との温度差を考えた行動を取らなけれなならないことは

お分かりいただけたと思います。


しかし半年という間で、どうしても復縁相手に

メールをしたくなる時があるでしょう。

そんな時はどう対処したらいいのでしょうか?


もちろん連絡は一切してはいけません。

どのようにしてメールをしたい衝動を抑えればいいのでしょか?


それは、実は簡単なのです。

このメールを送ってしまったら、

自分はどうなるのかを考えてみればいいのです。


のしこの一通のメールを送ったとしたら・・・。

今まで我慢してきた努力は水の泡です。

送ったその日から、また半年が始まるのですから。


半年経過しないうちに、メールを送ってしまうことで、

復縁相手の脳に、あなたとの嫌な記憶が、また再インプット

されてしまうのです。人間は学びをくり返すことで脳に記憶

していく動物です。


くり返しのメールは、復縁相手に嫌な思い出を学習させて

しまう行為なのです。たった一通のメールですが、その一通の

メールを送ることであなたと、復縁相手との未来は消えてなくなってしまう

恐れが高まるのです。



このことを文章にしていつでも読める状態にしておくのです。

メールを送りたい衝動に駆られたら、その文章を読み返してください。

その文章を読むことで、あなたはメールをしたい衝動を抑えることが

できるでしょう。


是非実戦してくださいね。
メールを送っても返事がこないのは、別れてからの時期にもよりますが、

あなたと接触したくないよいう意思表示だと思ってください。


その場合はメールを送ること=相手に嫌がられる行為だと

認識して、今すぐメールを送ることを止めることをすすめます。

というのも、復縁相手に自分=嫌なことをするといったイメージを

植え付けるようなものなので、復縁とはかけ離れたことを

しているのです。


しかし、メールを送らないことで、復縁相手との関係が切れて

しまうのではないか?そう思って不毛なだと分かっている

メールを送る行為を止められない人も多いはずです。


メールの返事がない、今の状況は相手との関係は切れていると

思っていいでしょう。メールを送れば送るほど、今度はウザイ、

面倒くさい、嫌いとあなたのイメージはドンドン悪くなってしまうのです。


今の相手があなたとの接触を望んではいないのです。

ここは潔く引くに限ります。これが最善の策なのです。


でも復縁を諦めた訳ではありません。

期間を置いて再アプローチするのです。

空ける期間は半年を目安にしてください。


この期間は一切の連絡を断ち、

ひたすら自分磨きの時間の使うのです。

半年の間で、復縁相手はあなたの嫌なイメージを消し去ってくれます。


これは人間の脳みそがそのようにする働きをもっているため

誰にでも当てはまることなのです。昔はよかったと嘆くお年寄りは

この脳の働きにより、嫌なことを忘れてしまっているだけなのです。


半年間はじっくり辛抱しましょう。

復縁に必要な温度差

| コメント(0) | トラックバック(0)
復縁に必要なもの、それは温度差を埋めるといった考え方です。

Aさん(女)がBさん(男)へ復縁をしたいと考えている場合、

Aさんの温度はBさんの温度よりも高いことが分かります。


このことが、メール頻度や文章の長さ、返信の期間などに

現われてくるのです。この温度差を意識しないで、

一方的にメールを送り続けるとどうなるのでしょうか?


それは簡単です。


相手が引いてしまうのです。

想像してください。


あなたがいきなり、電車の中で見知らぬ男性から

告白されたらどうでしょうか?

「えっ、誰?」そう思いませんか?

完全に引いてしまいますよね。


それどころか、恐怖すら思えるかもしれません。

それはこの男性をあなたの心の温度に相当の開があるために

起こることなのです。


この状況が同じクラスメートだったらどうでしょうか?

しかも、部活も同じで、席も隣で毎日顔をあわせ、

休日もグループで遊びに行っている仲だったr。


自然と心の温度も同じくらいに上がってくると思います。

少なからず、恐怖は覚えないでしょう。


一度は付き合った仲ですから、復縁を望む人の場合、

付き合っていた時と同じ温度で相手に接してしまいます。

むしろ、付き合っていた以上の温度になっているかもしれません。


しかし、相手の温度はあなたの半分にも

満たないくらいになっているのです。

そんな状況でメールを送り続けても、自分が求める返事なんて

くるはずもないのです。

相手をひかせるだけのメールは送っていけないのです。

復縁したい人

| コメント(0) | トラックバック(0)
復縁には、条件があるようです。
それは本当の別れた原因が何なのかを知ることです。
別れの際には、ほとんどの場合は本当の理由を
話さない傾向になるようです。

これは、男女関係なく起こることなのです。

例えば、本当は他に好きな人ができたにもかかわらず、
仕事が忙しくなったので、あなたのことをかまう余裕が
無くなったので、少し距離を置こう。

こんなもっともらしい言い方をして、
本当の理由を隠すことが多くあります。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?
これには、2つの理由があるのです。

1つ目の理由は、【相手を傷つけたくない】
といった、優しさによるものです。

気持ちは冷めていっているとはいえ、
一度は好きなった相手。
なるべく傷つけたくないと思うのが、
人間というものです。

しかし、1つ目の理由よりも、
2つ目の理由の方が本音のようです。

それは、【自分が嫌われたくない】。
自分に他に好きな人ができたから、
別れてほしいなんてそのまま話したら、
相手から嫌われてしまってもおかしくありません。


好きだった相手に、自分から嫌われるような
ことはしたくないのも人間の本音です。

そういった理由で、相手に本当の理由を
伝えずに別れるケースがほとんどのようです。

復縁の第一歩は、まずは本当の理由を
探すことから始めるのです。